LECの簿記2級講座

lecのロゴ

LEC(レック)とは株式会社東京リーガルマインドの通称で、1979年に司法試験の受験指導機関として創立されました。

1980年にはカセット、1989年にはビデオでの教材を販売。その後、講座の種類を増やしながら全国各地に直営の本校を開いています。

2004年になると株式会社では日本初の「LEC東京リーガルマインド大学」を設立し、話題になりました。ゲーム会社と共同開発した「本気で学ぶ・LECで合格るシリーズ」では携帯ゲーム機で資格の勉強が出来るソフトを発売、近年ではスマホコースが開校されるなど学習スタイルが限定されない、個人に合わせたスタイルの選択が出来る通信講座です。

LECでは簿記講座も充実しています。ここではLECの簿記講座について詳しく見ていきましょう。

LECで簿記2級を取得するための講座

lecのホームページ

LECには簿記2級を学習するための講座が2種類あります。 3級の知識を持っている方向けの2級パーフェクトパック、簿記の知識が無い方向けの3・2級合格コースです。

どちらもウェブ講座とDVD講座があり、ウェブ講座の場合は音声データのダウンロードとスマートフォンで講義が見られるサービスが付いています。講義はパーフェクトパックなら30回、3・2級合格コースなら47回とボリュームもあります。全国各地のLEC本校や提携校で学習したり公開模試に参加したりすることもオプションで加えられます。

その他に、2級直前対策パック、2級光速マスター問題集【応用編】解決講座があり試験に向けて実力を伸ばすことも充分に可能です。

講座を受ける際のサポート体制

通信講座のイラスト

LECにはOnline Study SPというネット上でのマイページのようなものがあり、様々な機能を利用することが出来ます。やることリスト(To Do)はスケジュール帳として使用でき、試験までの日数のカウントや勉強の進捗率も表示されます。同じ講座を受講している受講生同士で交流できる場も備えられており、ちょっとした質問や情報交換が行われています。試験で使える小技などが得られる時もあるようです。

もちろん、講師に直接質問が出来る「教えてチューター」というサポートもあります。他の受講生に見られたくない質問や個別での相談は、このサポートを利用すれば安心です。こちらからの問いかけに答えるだけでなく、進捗率やテストの成績を見て講師から連絡が来ることがあります。

LECの簿記講座は受講受付時の次に開催される試験を目指した講座が用意されています。しかし、試験までにきちんと勉強できなかった、試験に落ちてしまったという方のために、さらに次の試験までは追加料金不要で受講できるサービスがあります。これらを見ても、サポート体制は充分に整っていることが分かると思います。

LECを選ぶ理由と講座の特徴

管理人のイラスト

LECを選ぶ理由として多くの声があげられてるのは学習スタイルが多様という事です。パソコンやDVDだけでなく、通学もつけられたりスマホなどを利用できたりするのが魅力なようです。また、携帯ゲーム機で学べるソフトや市販のテキストも豊富で分かりやすいというのも人気の理由です。講座のパック内容により受講費用が上下しますが、様々な割引や奨学生制度があることで大幅にコストが抑えられることも選ばれる理由の一つです。

講座の特徴はオンラインでのフォローが充実しているという事でしょう。ウェブ講義に関しても、DVDでは普通な早回しや続き再生がウェブ講座でも出来るので、慣れたら早回しにして時間短縮が可能になります。受講生同士、講師との交流も気軽に行えるのでモチベーションが保ちやすい、音声の講義もあることで音楽を聞く感覚で勉強できる、また、本校や認定校の数が多く、通学でも比較的通いやすいというのも上げられます。