簿記2級について

日商簿記2級とは何?

そろばん

意外に長い簿記の歴史

簿記の起源は古代ローマにあります。それまで行われていた物々交換から、貨幣を用いて商品の交換が行われるようになった時代に生まれました。この時用いられていたのが単式簿記と言われるものです。

現在、主に使われている複式簿記は中世イタリアの商人たちが用いていたものが起源とされ、数学者のルカ・パチョーリにより世に広められました。簿記の歴史は実に500年以上になるのです。

そんな簿記が日本で広まったのは明治時代。かの有名な福沢諭吉がアメリカの商業学校で使われていたテキストを翻訳し、「帳合之法(ちょうあいのほう)」という書物を出版したことに始まります。
歴史の長い簿記ですが、その形は昔からほとんど変わることなく現代に受け継がれていると言われています。
続きを読む

簿記2級は仕事に役立つ?

日商簿記

簿記2級を所有することは、これから就職・転職を考えている方のみならず現在定職についている方にもおすすめ出来ます。

失業

就職や転職を目指す方にとっての大きなメリットは企業の選択の幅が広がるという事です。実際の求人を見ても簿記2級以上を応募資格に記載している企業は多いです。簿記3級は個人の商店や企業の経理、2級では中小企業や株式会社の経理を扱える証明になると言われていることからも、日商簿記2級は履歴書に胸を張って記入できる資格だと思います。

また、現在定職に就いている方にとっても有益な資格です。簿記といえば経理に必要な資格と思われがちですが、自社や取引会社の経営状況を把握、損益やコストを考慮して仕事することが出来るようになるため、営業や企画開発に携わる方にも資格取得は大きなメリットになります。自身のキャリアアップのみならず、社内評価の向上からひいては給与や待遇の向上に繋がる可能性もあります。
続きを読む

簿記2級の試験を受けるまでの流れ

試験概要

簿記2級の試験は毎年度6月、11月、2月に行われます。申し込み期限は試験日の2か月前までなので早めにしておきましょう。

申し込み期間については各商工会議所によって異なりますので、受験希望地の商工会議所に問い合わせるか「商工会議所の検定試験」というホームページで確認しましょう。短い所だと10日程で終わってしまうこともありますので早め早めの行動が大事になります。

申込方法も各商工会議所によって様々なのですが、大体は窓口受付か郵送、インターネット申し込みになります。窓口受付しかしていなかったり郵送、インターネット申し込みが出来なかったりしますので、こちらもきちんと確認しておきましょう。商工会議所によっては書店で受付を行っているところもあります。
続きを読む

簿記2級の試験難易度は?

悩むイラスト

簿記2級の難易度はそれほど高くないと言われることが多いですが、一概に高い低いとは言い難い部分もあります。

ある人は数週間だけの勉強で取れるくらい簡単と言いますし、ある人は何年もかけてやっと合格出来るくらい難しいと言います。簿記は暗記系の資格ではなく、公式を覚えて応用する資格です。基本の覚えることはそんなに多くはなく、公式を覚えてそれぞれの問いに合った使い方をきちんとできるかが問題になるのです。

計算も四則の計算以外必要ありません。ですから、数学が苦手だからといって尻込みすることはありません。
続きを読む

簿記2級とあわせて取りたい資格

簿記2級と合わせて取りたい資格

簿記2級を取得後、さらなるステップアップのために取得したい資格を紹介します。中には検定試験の内容が似通っているもの、一部被っているものも多いです。時間に余裕があれば簿記2級の勉強中に他の資格を並行して取得するのも良いでしょう。

公認会計士試験・税理士試験

簿記取得後に取得したい資格としてよく名前が上がるのがこの二つです。まずは公認会計士について説明します。
公認会計士とは、企業が作成する財務諸表の監査をすることが出来る資格です。その企業の経営状況や財務状態を財務諸表から読み取り、不正がないか健全な経営が行われているかを確認することが主な仕事です。
続きを読む